【誤操作防止】マウスを使っている時のみタッチパッドを無効にする

ノートパソコンで誤操作が多い時はチェック!

最近、キーボードを打っている時にカーソルが違う場所に移動したり、他のウィンドウが開いたりとストレスを感じる事が多くなってきました。

操作した覚えが無いのになぜ?テンポは狂うしイライラも溜まる、どうしたものかと思ったので原因究明に乗り出しました。

ノートパソコン自体の不調や、キーボードの不調を疑ったのですが、犯人はタッチパッドでした。

キーボード操作中に手のひらや指が当たって、意図しないほうへとカーソルが動いてしまったりクリック操作をしてしまっていた様です。

マウスをつないでない時にタッチパッドを使う時がちょいちょいあるので、全くの無効にする事はしたくなかったのですが、設定を確認するとちょうどいいのがありました。

マウスをつないでいる時だけタッチパッドを無効にするという項目があったので確認していきたいと思います。

同じ様に感じている方は是非試してみて下さい。

下記以外にも、コントロールパネル → ハードウェアとサウンド → マウス からでもアクセスできます。

Windowsの設定より操作

設定 デバイス

マウス

その他のマウスオプション

これでマウスのプロパティが開きますのでその中の項目より

デバイス設定もしくは拡張タブ
(だいたいどちらかがあると思いますが、各メーカー独自のドライバの場合も「その他のマウスオプション」の中のどこかに似たような項目があると思うので探してみてください)

デバイス設定の場合
「USBマウス接続時に内蔵ポインティングデバイスを無効にする」にチェック

拡張の場合
拡張機能の設定 → その他タブ USBマウス接続時の操作「タッチパッドを無効にする」にチェック

これでマウス接続時にはタッチパッド操作が無効になります。

使っている人も結構多いと思われるタッチパッド。
マウスが使えない時などにタッチパッドで操作をすれば、マウスと同じ操作が行え非常に便利なのですが、普段タッチパッドを使わずマウスのみの使用の場合、このタッチパッドが誤操作の原因になる事があります。
しかし、マウス使用時のタッチパッド無効の設定をすれば誤操作に悩まされる事がなくなります。私はこの設定をした後、誤操作が減りだいぶストレスも軽減されました。